沖縄好きkekureのANAマイルの貯め方

ANAマイルを効果的に貯める方法など

旅行

アジア旅行でのSIMカードには「SIM2FLY」がおすすめ!シンガポールで試してきました

海外旅行に行く場合、慣れな土地ではネット環境は欠かせません。

海外では、FreeWifiが整備されているところもありますが、常にWifiが拾えるわけではないため、何かしらの通信手段が必要不可欠です。

選択肢としては、

  • 海外使い放題サービス(大手キャリア)
  • ポケットWifiをレンタル
  • データSIMを購入

のいずれかになります。

設定等の難易度は下に行くほど上がりますが、その分費用は下に行くほど安くなります。

この中では、個人的には「データSIM」の購入をおすすめします。

データSIMの購入の選択肢としても、

  • 日本で購入
  • 海外(現地)で購入

の選択肢がありますが、SIMカードの設定って初めての場合はなかなか難しいところがあります。

もし、万が一、設定がうまくいかなくてSIMカードが使えなかったという場合には、公衆Wifiに頼るしかなくなります。

そこで私がおすすめしたいのが、「SIM2FLY」というプリペイドSIMカードです。

スポンサーリンク

あd

SIM2FLYとは?

SIM2FLYはプリペイド式のSIMカードです。プリペイドなので、自分が利用したい期間・データ容量に合ったものを購入します。その後の追加料金はありません。

価格はAmazonで1,400円が最安値といったところでしょうか。

また、SIM2FLYはアジア14か国+オーストラリア対応のSIMカードになります。

対応国・地域

  • 日本
  • インド
  • 香港
  • カンボジア
  • オーストラリア
  • ラオス
  • マカオ
  • マレーシア
  • ネパール
  • ミャンマー
  • フィリピン
  • シンガポール
  • 韓国
  • 台湾
  • タイ

SIM2FLYの最大のメリットは日本を出発する前にSIMカードの設定をできるということです。

日本で設定できるという絶大なメリット

初めて海外SIMを使う時って、いろいろ不安があると思います。

ちゃんと設定できなかったらどうしよう・・・

 

というのが一番の心配ですよね。

SIMカードの設定もできず、Wifiにもつなぎ方がわからない場合、それだけでちょっと残念な気分になりますよね。

その点、SIM2FLYであれば、日本で購入して、日本で設定してから海外に行けるので、日本での設定さえきちんと終わらせておけば、海外で設定が出来なくて困るということがまずありません

私がシンガポール旅行で使用した際は、成田空港のANAラウンジでSIMカードを入れ替えたのですが、チャンギ国際空港について機内モードをOFFにした瞬間から通信が問題なくできたのは、ストレスがなくて快適でした。

日本で購入できる

SIM2FLYはAmazonで購入することが出来ます。

それに比べて、安い海外SIMを使用する場合は、現地の空港やコンビニで購入する必要があります。

例えば、「hi!Tourist SIM」という海外SIMカードはチャンギ国際空港で購入することが出来ます。

hi!Tourist SIM

こちらは、有効期限と通信容量によって3種類ほどあります。

hi!Tourist SIM

通信容量 4G 14G 20G
国内通話 500分 無制限 無制限
国内SMS 100通 無制限 無制限
国際電話 30分 90分 90分
使用期限 5日間 10日間 10日間
金額 15ドル 30ドル 50ドル(25ドル/個)
備考 2個セット

5日間で15ドルであれば、なかなかの安さだと思います。シンガポールドルを1ドル85円としても、1,275円なので、SIM2FLYよりも安いです。

購入できる場所も、チャンギ国際空港のターミナル1~3のどこでも購入することが出来ます。

すべての種類を販売しているのは、「トラベレックスの店舗(Travelex Currency Exchange Counters)」だけなのでご注意を。

ただし、チャンギ空港で購入するしかないです。

チャンギ空港についてそのまま空港で宿泊するのであれば、部屋でできるので落ち着いてできるかと思いますが、その後の予定をいろいろ詰め込んでいる場合、設定に手間取ると計画が狂う可能性もあります。

ネットで調べてみると、「SIMカードの設定に手間取った」という記事を見かけるので、SIMカードの差し替えや設定に慣れていない場合は、現地調達には不安が残るのではないでしょうか。

国際線の乗り換えがある場合

空港

国際線を乗り継ぐ場合でも、対応する地域であれば、4G(3G)回線を使うことが出来ます。

動画を見るのであればWifiに接続したほうが安全(容量的に)ですが、LINEやTwitterをする程度であれば、SIM2FLYだけでも問題なく利用できます。

空港であれば当然のごとくWifiは整備されているとは思いますが、4G回線も使えるという安心感は地味にありがたいことですね。

SIM2FLYを使ってみて

実際に、3泊4日のシンガポール旅行で使ってきました!

シンガポール

シンガポールでは主に、MRTが走っている地域しか行きませんでしたが、全く問題なく通信できました。

また、3G回線になったのも、チャンギ国際空港に飛行機が着陸してからの機内くらいで、シンガポールに降り立ってからはほとんど4G回線でストレスは感じませんでした。

SIMカードを使うには、SIMカードを入れてAPNの設定をする必要があるのですが、設定自体は簡単です。

iPhone、Androidでそれぞれ手順書が付属しているので、それに従って設定するだけです。初めての私でも迷うことなくものの10分程度で終わりました。(片付け含む)

一度設定してしまえば、異なる国に行ったとしても再設定は必要ありません。期限が切れるまでは設定なしで使うことが出来ます。

海外での通信方法に悩まれたらぜひ検討してみてください!

それでは!kekureでした!

AD

マイルの貯め方

■その他の情報はこちらから にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 



マイル 基本編 リンク

マイル 貯める 基本編

-旅行