沖縄好きkekureのANAマイルの貯め方

ANAマイルを効果的に貯める方法など

旅行

子供を連れて飛行機に乗る場合に準備しておきたい3つのこと

2017/10/25

小さい子供と飛行機に乗るのって色々不安がありますよね。

機内でぐずりだしたらどうしよう・・・

とか、

逆に元気になって暴れ出したらどうしよう・・・

など、ある程度言葉がわかるようになってくると違うのかもしれませんが、1歳前後の子供であれば、言葉が通じない上に多少自我も芽生えてくる頃なのであやすのにも疲れます。

2017-10-24_23h15_05

機内で快適に過ごすためには飛行中に子供には寝ていてもらうのが一番

ぶっちゃけ、機内では子供には寝ていてもらうのが一番です。

今年の8月上旬に沖縄に旅行に行ったのですが、その時に子供を機内で寝かせるために準備&意識した3つのことをまとめておきます。

普段より睡眠時間を短くする

大人も子供もおなじですが、睡眠時間が普段よりも少なければそれだけ眠たくなるものです。

私が旅行した際に、わざとやったわけではないのですが、前日の荷造りが思ったよりも時間がかかり、子供を寝かせる時間が遅れてしまいました。

また、翌朝も普段よりも早い時間から起きて旅行の支度をしていたため、いつの間にか子供も起きていたようで結果的に睡眠時間が短くなりました。

空港までの車内ですこし寝たようですが、空港についてからは今まで見たことがないものだらけで興味を惹かれるらしく、終始ハイテンションでした。

昼寝のタイミングに合わせて飛行機を予約

セントレアから那覇までの便は、

  • 8:40発 11:05着
  • 10:55発 13:25着
  • 14:55発 17:15着

の3便です。3便目は到着が遅くなるので選択肢から外すとして、悩んだのは1便目か2便目。

早く沖縄について満喫できそうなのは1便目なのですが、子供が普段昼寝をするのが10時と15時なので、2便目にしたほうが昼寝をしてくれるのではないかと考え、あえて10:55発の飛行機を取りました。

飛行機に乗るまでに疲れさせておく

飛行機で寝てもらうには、当然それまでに疲れさせておく必要があります。

普通に歩ける子供ならいいのですが、私の子供は歩けるもののあまりおぼつかないので旅行中はほぼほぼ抱っこでした。

そのため、あまり歩く機会がなかったんですよね。

  • 空港までの移動:車
  • 空港の中を散策:だっこ

なので、疲れる要素がありません。子供を運動させられるところはないかなーと思っていたところで都合よくあったのがこども広場でした。

2017-10-16_23h23_18

おおきな遊具がひとつあるだけなのですが、仕切りの中はクッション素材の床になっており、歩行がうまくない私の子供でも楽しめたようです。

2017-10-16_23h24_24

まとめ

  • 睡眠時間を短くする
  • 昼寝のサイクルに合わせてフライトを選択
  • 疲れさせる

私の場合は、上記3つのことを心掛けつつ、子どもを飛行機の中で寝るように仕向けることで機内で周りに迷惑をかけることもなく過ごすことが出来ました。

AD

マイルの貯め方

■その他の情報はこちらから にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 



マイル 基本編 リンク

マイル 貯める 基本編

-旅行