マイレージ

ANAの無料航空券でハワイに行く場合のマイルの使い方は?東京発以外の場合の必要総マイルはいくつ?

Pocket

ANAマイルを貯めて、4万マイルあればハワイに行ける。よく目にするところですが、ANAのホームページを見ても日本発としか記載がありません。なので、名古屋発の場合一体マイルはいくらかかるのか?どういう行程になるのか調べてみました。

ハワイ

必要マイルの確認方法

ANAのホームページで必要マイルを確認します。

流れ

こちらの画像を見ると、

  • 出発地と目的地のゾーン
  • 旅行中のシーズン

この2つがわかれば必要マイル数が計算できるようです。

これを見る限りは、ゾーンの行き来だけが問題になっているので、名古屋だろうと東京だろうとどこからでも必要マイルは変わらないように読み取れます。

スポンサーリンク

あd

必要マイルを確認

日本とハワイ(ゾーン5)なので、この表を見れば必要マイルがわかります。

マイルチャート

列のL,R,Hがシーズンで、ロウシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンの価格です。行のY,Cが航空券のクラスでエコノミー、ビジネスを意味しています。

これを見る限り、レギュラーシーズンのエコノミーであれば4万マイルでハワイに行けることがわかります。ただ、ちょっと気になることがありまして。

不安になるうわさ

ANAの日本からハワイへの直行便は、東京からしか出ていないという噂を耳にしたんです。直行便がない場合は東京乗り継ぎになるので、乗り継ぎ便の扱いを調べてみました。

乗り継ぎ

乗り継ぐ時の扱いはどうなるのか?ANA国際特典航空券のご利用条件を見てみます。

途中降機・乗り換え

○途中降機(24時間を超える滞在)

  • 日本発は、途中降機不可
  • 海外発の途中降機は、目的地以外に1回可能

○乗り換え

  • 日本国内で往路・復路各2回まで可能

ということみたいです。

これから判断するに、名古屋→東京→ハワイの場合、出発地:名古屋、目的地:ハワイとなるため、東京は乗り換え地点となります。日本国内で往路・復路各2回まで乗り換えは可能なので、直行便はなくとも、東京乗り換えで4万マイルでいけそうな気がします。

スポンサーリンク

あd

ご利用になれない旅程

しかし、この定義が書いてあった下に恐ろしいの画像があるんです。

注意

先ほどの、名古屋を札幌に置き換えて、ハワイをバンコクに置き換えたらこの図になる気がするのですが、このパターンだと利用できない旅程のようです。

よくよく調べてみるとこんな画像もありました。

ご利用になれる旅程

利用できる

こちらもANAホームページにあった画像です。先ほどのバンコクに行くパターンと何ら変わりないかのように見えますが、こちらは「ご利用になれる旅程」という記載がされています。

両者の違い

これはあくまでも推測ですが、利用できない例は、「東京で24時間以上の滞在を予定している」という前提条件がある上で利用できないとしているのかもしれません。

海外発なら途中降機はできるけど、日本発の場合は無理なので、日本で乗り継ぎの場合は、24時間以上滞在は不可能ですよという例を示したつもりが、図らずして同じような画像で利用できるパターンを作ってしまったのかもしれません。

ANAマイレージクラブで確認

ANAマイレージクラブで実際に無料航空券を予約する画面から確認してみました。

ハワイ

すると、確かに東京乗り継ぎで予約ができそうです。

ただし、東京に9時前について、ハワイへ旅立つのが19時だとだいぶ時間を持て余しそうですが。

さいごに

結構まどろっこしい調べ方をしていたのですが、実はあえてなんです。情報を発信するだけでしたら、これはこう!って断定するだけでもいいかと思うんですが、もしその情報が間違っていたら損をするのは見てくださってる方です。

なので、どうやってそこにたどり着いたかの道筋がわかれば、今後の手助けになれるんじゃないかと思いこんな書き方をしました。

簡潔に言えば、予約画面で入れてみるってのが一番早いですし(笑

ブログ村

Twitterやってます(^^)/

基本的に毎日更新しています!フォローしていただけると更新に気づきやすくなるかと思います<(_ _)>

「マイレージ」バナーをクリックしてもらえるとモチベーション上がります!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ いつも応援ありがとうございます!


-マイレージ
-, , ,