ブログ運営

ANAマイルブロガーなら気を付けたいGoogleAdsenseの規約について!私が導入した方法も紹介!

2016/10/13

Pocket

ANAマイルブログを運営している方のほとんどが掲載されている、「Google Adsense」ですが、こちらは結構規約に厳しいものがあり、運営方法に注意したほうがいいということを小耳にはさみましたので、注意喚起+私の対策をご紹介させていただきます。

Google Adsense マイル

Googleのポリシー

きっかけはこちらのブログ。

  • たとえ報酬提供サイトへの直接的リンクがなくても、記事内で報酬提供サイトの解説、比較をしていると「誘導」と見做され、アウト。
  • 上記内容を含む記事であっても、個別にAdSense広告を非表示にすれば、サイト全体がアウトとはならない。
  • 報酬提供サイトのロゴを使った画像は一発アウト。報酬提供サイトバナーとAdSense広告は絶対に共存できない。

これ、ものすごく重要なんで、よーく覚えておいた方がいいですよ。

というもの。

私はこれまでGoogle Adsenseのポリシーなんて気にもしていなかったのですが、さらに調べてみると以下のコンテンツはOUTみたいです。

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
著作権で保護されているコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
アルコールおよびタバコに関連したコンテンツ
ヘルスケアに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
Google ブランドを使用しているサイト
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
不正行為を可能にするコンテンツ
違法なコンテンツ

参照:Google Adsense禁止コンテンツ

スポンサーリンク

あd

このうち、ANA陸マイラーブログでよく紹介されている「ハピタス」や「ちょびリッチ」は「報酬プログラムを提供するサイト」に該当します。禁止コンテンツではこのような文言もあります。

「報酬提供」サイトとは、広告のクリックやウェブ サーフィン、メールの購読といった作業を行ったユーザーに対して支払いや報酬を約束するサイトのことです。(中略)同様に、報酬を提供するサービスにアクセスを誘導したり、そうしたサービスを紹介したりすることを主な目的とするサイトでは、広告掲載が許可されません。

確かに、テラヤマアニさんの見解は公式見解と一致しています。

具体的な対策

私のブログは月間PV1万程度のブログなので、まだGoogle先生に肩をたたかれることはないかもしれませんが、いずれ対策を行うのであれば早いうちにということで、すべての記事に対して対策を行いました。

具体的な方法は以下の通りです。

  1. Display Widgets(Wordpressプラグイン)を導入
  2. GoogleAdsenseを非表示にするカテゴリを選択
  3. GoogleAdsense非表示カテゴリに表示する広告を選択

という流れで行いました。

Display Widgets

Display Widgetsとは、Wordpressプラグインで、これを導入すると、ウイジットごとに、表示・非表示をカテゴリやタグごとに表示・非表示を設定することができます。

Display Widgets導入方法

プラグインの導入自体はほかのプラグインと同じです。「プラグイン」→「新規追加」で「Display Widgets」を検索窓に入力すれば出てくるので、インストールして有効化すれば完了です。

プラグイン

一応画像を表示するとこんな外観のプラグインです。

スポンサーリンク

あd

Display Widgetsの設定方法

こちらもそこまで難しくはないです。実際に設定を行う前に、GoogleAdsenseを非表示とする対象のカテゴリを一つ作っておきます。

WordPressでは、一つの記事に複数のカテゴリを設定できるので、一つ新しくカテゴリを作ってしまえば、既存の記事に対しては、カテゴリを設定するだけでいいので、手間が少ないはずです。私は、「ポイントサイト」というカテゴリを新たに作成しました。

カテゴリを作成したら実際の設定に移ります。

「外観」→「ウイジット」を開くと、ウイジット選択画面が出てきます。

ウイジット マイル

Display Widgetsを導入すると、これらのテキストなどにプロパティが増えるイメージです。

こちらは、先ほどの画像の「テキスト:GoogleAdsense(通常記事)」を開いたのですが、下の方に記事表示のプロパティが追加されているのがわかるかと思います。

ウイジット 表示

先ほど、「ポイントサイト」のカテゴリには表示しないと決めたので、表示しない設定にポイントサイトだけチェックを入れています。

しかし、これだけだとポイントサイトカテゴリでは広告がただただ表示されないだけになってしまうので、ポイントサイトだけで表示させるウイジットも作りました。

ウイジット 表示

ウイジットの設定の説明ははこれで終了です。

WordPressでは、記事下に広告を表示したりとか、いろいろほかにも広告表示の部分があると思うので、忘れずにそちらにも設定しておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

あd

実際の見え方

それでは、設定をすればどう見えるのか?ですが、こんな感じになります。

この記事の場合は、カテゴリにポイントサイトを含めていないので、GoogleAdsenseは普通に表示されます。

ブログ マイル

次に、ハピタスを紹介した記事。

この記事の場合、カテゴリをポイントサイトにしたので、GooeleAdsenseの代わりにハピタスの紹介リンクが出るようになっています。

ハピタス 表示

照会リンクの幅が狭くてなんだか変な感じになっていますが、またそれはおいおい修正しておきたいと思います。

さいごに

いかがでしょうか。GoogleAdsenseはほかのクリック型広告とは比較にならないほどの収益をもたらしてくれますが、その分プログラムポリシーも厳しいです。

Googleからの通告がまだ来ていないからと言って、違反をしていないということではないとおもうので、一度ブログを確認されてみてはいかがでしょうか。

-ブログ運営
-