クレジットカード 豆知識 還元率 電子マネー

楽天EdyとQuicPayは決定的に異なる点があります!ANAマイルを貯めるために効果的なのはどちら?セブンでポイント三重取りの裏技も!

Pocket

楽天EdyとQUICPayは違うってのは誰でもわかることだと思います。そもそも名前が違いますし。ただし、同じ電子マネーでもお金の流れが全く違うため、この違いを理解しておかないとANAマイルを貯めるのに損してしまうかもしれません。

QUICPPay

チャージ方法の違い

そもそも、楽天Edyはプリペイド式電子マネーで、QUICPayはクレジット後払い式の電子マネーです。

スポンサーリンク

あd

それぞれどんなものがあるか?

□主なプリペイド式電子マネー

  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco

□主な後払い式電子マネー

  • QUICPay
  • ID

□変わり種

  • au WALLET

プリペイド式電子マネー

これらは、使用する前に必ずチャージする必要があります。

イオンカードセレクトであればWAONのオートチャージができますが、あくまでも残高が一定以下になったときに自動でチャージしてくれるというだけなので、お買いものをするときに残高が足りない場合はチャージが必要です。

後払い式電子マネー

QUICPayやIDが該当する後払い式電子マネーはチャージする必要がありません。紐づけたクレジットカードに使った分だけ請求されるという仕組みです。

なので、例外はありますが、基本的にQUICPayを利用する場合はクレジットカードが必要になります。

チャージが不要という利点はあるものの、結局はクレジットカードに請求されるのであれば、「クレジットカードを使うのと同じでは?」と思うかもしれませんが、QUICPayを使う利点はあります。(後述)

au WALLET

こちらは、変わり種で、チャージする必要がある電子マネーなのですが、MASTERCARDが使えるところであれば使用できるというものです。

なので、電子マネーというよりは、プリペイド型のクレジットカードという表現の方が正しいかもしれません。

チャージの方法がいくつかあり、auの通話料等に乗せることや、じぶん銀行からスマートフォンを使ってチャージすることも可能です。

どの方法がお得か?

3種類の決済方法を紹介してきましたが、これらを使う場合はどれを使用するのが一番ANAマイルを貯められるのでしょうか?

このことを考える上で重要になるのが、「どのようにポイントが貯まるか?」です。

プリペイド式電子マネーの場合、おおむね200円で1ポイントというものが多いです。

これに対し、QUICPayらのクレジットカード式電子マネーであれば、請求はクレジットカードの仕様と合算となり、ポイントもクレジットカードのポイントが貯まります。

そのため、圧倒的にQUICPayの方がお得と言えます。

クレジットカードを使うのと違いは?

結局請求がクレジットカードと合算であれば。クレジットカードを使うのと同じでは?と思うかもしれませんが、QUICPayを使った方がお得になるケースが存在します。

QUICPay キャンペーン

例えば、土日にQUICPayを使うと1,000円キャッシュバックの対象になったりと、普通にクレジットカードを使用するだけでは得られない恩恵もあります。

スポンサーリンク

あd

ソラチカを持っていれば

ここからは、ANAマイルを貯めるためには「ソラチカカード」は必須ですので、所持している前提の話です。

セブンイレブンでANAカードで支払いをすると200円ごとに1ANAマイルが貯まります。さらに、ソラチカカードでは、QUICPayにnanacoが紐づいた、「QUICPay(nanaco)」を発行できます。

QUICPay ANAマイル

ビジュアルもいい感じで、ANAマイルを貯めているならぜひとも発行しておきたいところですが、こちらを利用するとクレジットカードの利用分+200円ごとに1ANAマイルに加えて、200円ごとに1nanacoポイントを受け取ることができます。

クレジットポイント、ANAマイル、nanacoポイントのポイント三重取りができるわけです。

ソラチカカードを5マイルコースにしているとしても、1,000円で還元率5+5+2.5=1.25%になります。これが、10マイルコースであれば、還元率は1.75%となり、エクストリームカードのマイル還元率1.35%を超えますね。

さいごに

エクストリームカードはどこで使ってもANAマイル還元率1.35%なので、ソラチカカードを10マイルコースにして使うことはほとんどないと思うので、実際の還元率は1.25%が関の山ですね。

エクストリームカードがあれば、そちらに集約するのが最も効率がいいのですが、25万円以上利用で4,500マイル相当ポイントプレゼントキャンペーンをこなしている最中であれば、QUICPayを利用したほうが圧倒的に得ですね。

-クレジットカード, 豆知識, 還元率, 電子マネー
-, ,