クレジットカード ハピタス 還元率

Amazonの買い物でマイル還元率0.45%を実現する方法

2016/11/17

Pocket

Amazonとか楽天って便利ですよね。私もよく使っているのですが、Amazonである使い方をすれば、1000円利用につき、3.5円分のキャッシュバックを受けることができます。

Amazon

Amazonと楽天の違い

Amazonと楽天の大きな違いってご存知ですか?

両者ともネットショップという点では同じですが、明確な違いがあるんです。

それは、「ハピタス」から還元されるか?です。

ハピタスとは?

ハピタスは、ポイントサイトの一種で、ハピタスのホームページにあるボタンをクリックして、楽天のホームページに進んでそこで購入すると、購入額の1%分のポイントがもらえます。

楽天

上の画像で言えば、青枠の部分をクリックすると、楽天のホームページに移動するので、そこで普通に買い物をすると、購入額の1%がハピタスのポイントとして付いてきます。

そのポイントは現金に変えることもできれば、間接的にマイルに変えることもできます。

※詳しくはこちらを参照

楽天にあってAmazonにないもの

先ほどの違いは、この違いなんですね。

楽天はハピタスに案件があるため、1%の還元を受けられるのですが、Amazonは案件はあるのですが、還元率は0なんですね。なので、何も手元には戻って来ないです。

Ama0
楽天

Amazonと楽天の赤枠でくくった部分を比べると、楽天は「1%ポイントバック」と書いてあるのに対して、Amazonは「ポイント対象外」となっているため、ポイントがつくことはありません。

Amazonの購入を特にする方法はない?

これはハピタスに限らず、「ちょびリッチ」などの他のポイントサイトでも同様です。

案件こそあれど、キャッシュバックは0というパターンが多いです。

ちょび1

拡大↓
ちょび拡大

案件自体は5つもありますが、全てポイントは「-」となっているため、還元されることはありません。

スポンサーリンク

あd

JCBという抜け穴

ここまでは、一般のポイントサイトで還元を受ける方法を考えていましたが、クレジットカード会社が行うネットショッピングサイトも存在します。

中でも、JCBが運営するOkiDokiランドで購入すればAmazonでの購入でも還元を受けることができます。

OkiDokiランドとは?

OkiDokiランドとは、JCBが運営するショッピングモールではありますが、実際にJCBが発送したりするわけではなく、JCBのOkiDokiランドを経由してネットショッピングサイトに行きお買い物をするという流れです。

なので、仕組みとしてはハピタスなどのポイントサイトと何ら変わらないんですね。

Amazonからキャッシュバックを受ける流れ

それでは、これより一通り、Amazonからキャッシュバックを受ける流れを画像付きで説明していきたいと思います。

大前提として

前提条件として、JCBのクレジットカードを持っている必要があります。

ANAマイルをフライトなしで貯めるには必須のソラチカカードがJCBのカードしかないため、もっている人も多いのではないかと思います。持ちお持ちでなければ、ソラチカカードについて書いた記事がありますので、一度読んでいただければと思います。

MyJCB

JCBのクレジットカードをお持ちでしたら、MyJCBというWEBサイトに会員登録できるので、こちらに登録してログインします。

MyJCBはご利用明細やポイント残高をネット上で確認することができるサービスのため、Amazonからの還元関係なしに登録はしておいたほうがいいかと思います。

OkiDokiランドにアクセス

MyJCBにログインするとこの画面になります。

MyJCB TOP

ここで、少し下にスクロールすると(下に動かすと)、「OkiDokiランド」というボタンが見えてきます。

OKIDOKI

拡大↓

OKI拡大

こちらをクリックすると、OkiDokiランドの画面に移動します。

OkiDokiランドでAmazonにアクセス

OkiDokiランドまで行けたらあと少しです。OkiDokiランドのトップページはこのような画面です。

OkiTOP

ここで、赤枠でくくった部分にある、「Amazon」と書いてある部分をクリックします。

AMA

すると、OkiDokiランドの「Amazon」のページに移動するので、ここで、赤枠でくくった部分の「ここで買えばOkiDokiポイントが増える!このショップにアクセス」というボタンをクリックすると、Amazonのホームページに移動するので、そこで普通にお買い物をすると、1000円につき、1 Okidokiポイントが付与されます。

スポンサーリンク

あd

OkiDokiポイントをどう使うか?

ここは意見が分かれるところかもしれません。陸マイラー的視点からすれば、少しでもマイルを貯めたいので、ANAマイレージクラブにポイントを移行させますが、現金の代わりとして使いたい場合は、1 Okidokiポイントが3.5円分としてAmazonで使用できるので、その選択もありかと思います。

ここからは、取得したポイントをマイルに変えるには?という観点で考えていきます。

OkiDokiポイントにも二種類ある

ここで、OkiDokiポイントについて整理しておきます。ここをしっかり理解できていないと、いろいろとこんがらがることになるためです。

まず、Okidokiポイントには二種類存在します。

  • カード決済に伴って付与されるポイント
  • Amazonの利用などでもらうボーナスポイント

カード決済に伴って付与されるポイントは、JCBのクレジットカードを申し込んだ際に選んだコースによってマイルへの還元率が変わります。

カードを申し込む際のコース

これも大きく分けて2種類です。

  • 5マイルコース
  • 10マイルコース

両者の違いは、OkiDokiポイントをマイルに変える際に、5マイルコースであれば1 Okidokiポイントが5マイルに変わり、10マイルコースであれば10マイルに変わります。

一見10マイルコースの方がいいように思えますが、マイルへ交換する場合年間5,000円+税がかかってくるデメリットがあります。

また、正確にはこれらに、自動移行コースを選択するかどうかもあるのですが、これは申請しなくても月末時点のポイントを勝手にマイルに移行するサービスなので、コースの本質とは性質が違うため説明は省きます。

ボーナスポイントのマイルへのレートは?

ここまでは、通常決済で貯まったOkidokiポイントをマイルに移行する際のレートを説明しました。それに対し、Amazonの買い物で取得できるボーナスポイントは3マイルにしかなりません。

Okidokiポイントまとめ

まとめると以下の表のようになります。

カード決済で得たポイント ボーナスポイント
5マイルコース 10マイルコース
1 OkiDoki = 5マイル 1 OkiDoki = 10マイル 1 OkiDoki = 3マイル

※ただし、10マイルコースは年間5,000円+税が必要。

JCBカードの代表格:ソラチカカードについてはこちら

ボーナスポイントの使い道

カード決済のポイントはそのままマイルにしても問題はないのですが、ボーナスポイントの分が3マイルにしかならないのは何とかならないか思ったので、調べたらこんなものも出てきました。
メトロ

メトロポイントにも移行できるようです。

200ポイント以上から申請ですが、100ポイントあたり500メトロポイントになります。これは、メトロポイント→ANAマイルへの率が0.9倍なので、100 OkiDOkiポイントあれば、450マイルになる計算です。

100,000円→100 OkiDokiポイント→500メトロポイント→450マイルなので、還元率0.45%ですね。

普通に交換すると、300マイルにしかならないので、メトロポイントを経由させるだけで0.15ポイントも増えることになります。(パーセント同士の比較は”ポイント”表記しています。)

最後に

いかがでしたでしょうか?誤解なく伝えるために、結構永くなってしまいました。ポイントサイトで、Amazon利用でポイントがもらえるものがなかったので、今回記事にさせていただきました。

ハピタスでamazonを利用する利点はある

一応補足として説明すると、ハピタスでアマゾンを利用する利点はあります。ポイントは加算されなくても、当月の実績には加算されるからです。

ランク

こちらは、ハピタスのホームページに掲載されていたものなのですが、前月の実績に応じてポイントが最大2%増える仕組みがあります。

ランク 仕組み

ランクが上がる仕組みを見ると、ゴールドに上がるためには「過去半年で有効広告利用20回」とありますね。なので、この利用実績を稼ぐためにAmazonを利用するという方法もあります。

2%って地味に大きいので、クリアできるならしておいたほうがいいでしょう。ただし、金額に関しての条件はないので、少額の買い物をハピタスでして、1000を超えるものはオキドキランドからするなど使い分けるといいかと思います。

ハピタスへの登録はこちらから可能です。
今ならお互いに1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中です!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスについて、こちらでも詳しく解説しています。

関連記事

20万マイル

年間20万マイル

-クレジットカード, ハピタス, 還元率
-, , , ,