SFC修行 旅行

空港ラウンジの種類って?ANAラウンジ?プライオリティパス?ゴールドカード所持限定?似たようなラウンジ用語を整理してみた

2016/11/17

Pocket

ANAマイラー活動をしてからというもの、空港ラウンジの便利さに気づかされ、いろいろ調べているのですが、調べれば調べるほど、似たような用語があってこんがらがりそうなので、ここらで一度整理しておきます。

lounge

空港ラウンジの種類

おそらく、細かく分類すればもっと種類はあるでしょうし、空港によってはこれらが兼ね合っているものもあるかもしれません。しかし、今回は便宜上次の3種類に分類して話を進めたいと思います。

  • カード会社ラウンジ
  • ANAラウンジ(航空会社ラウンジ)
  • プライオリティパス用ラウンジ

カード会社ラウンジ

こちらは、クレジットカードのゴールド以上を持っていると利用できるラウンジで、ソフトドリンクの飲み放題や一部ではシャワーが有料で使えたりします。

一部のラウンジでは、アルコール類も1杯までなら無料のラウンジも存在します。セントレア空港のラウンジではアルコールが飲み放題のようです。ネットで検索すれば写真はいくらでも出てきますが、正直そこまできれいとは言えないラウンジもあります。

特に、軽い食事だけでもそこそこお金がかかるため、食事もしたい場合は普通に飲食店に入ったほうがいいかもしれません。

ANAラウンジ(航空会社のラウンジ)

こちらは豪華の一言です。ソフトドリンクのみならず、アルコールも飲み放題で種類も豊富です。また、軽い食事も無料で提供されているのですが、軽いの範疇を超えています。写真を見る限りはホテルのバイキングの料理を見ているかのようです。シャワーも無料で提供されるところがほとんどです。

しかし、ここに立ち入るには、ANAである程度のステータス(ブロンズ会員以上)かSFC(「スーパーフライヤーズカード」というクレジットカードを指します)持ちかビジネスクラス以上のANA便を利用するという条件をクリアする必要があります。

ANAマイルを貯めつついろいろな方のブログを拝見していると、SFC修行という言葉をよく見かけますが、なぜそこまで修行をしたいかがわかる気がします。これだけ優遇されたサービスを、クレジットカード一枚持っているだけで受けられるのですから。これは妄想ですが、SFC取得のきっかけは、ANA陸マイラー活動をして貯めたマイルでビジネスでハワイとかいったときではないでしょうかね。このサービスを実際に体感してしまったら、次からも享受したいと思うのが筋でしょう。

しかも、SFCを1枚持っていればもう一人タダで入れるため、夫婦で利用する分には問題ないです。ゴールドカード所持で入れるラウンジとの違いでもありますね。ゴールドカード所持で入れるラウンジに入れるのはゴールドカード所持者だけです。なので、随行者がゴールドカードを持っていない場合、一人で入るわけにもいかず、結局外で待つことになりますよね。

ANAに限定しない

ANAラウンジと書きましたが、正式には「スターアライアンス加盟の航空会社のラウンジ」です。スターアライアンス加盟の航空会社はANA以外にも以下の通りの航空会社が加盟しています。

  • ユナイテッド航空
  • シンガポール航空
  • エバー航空
  • エアカナダ
  • ルフトハンザ航空
  • タイ航空
  • 中国国際航空

そのため、SFCを持っていれば、上記の航空会社のラウンジに入ることができます。

JAL系のラウンジもある

JALにもSFCと同じく、JGCというクレジットカードがあります。JALはワンワールド加盟なので、ワンワールド航空会社のラウンジを使うことができます。ワンワールド加盟の航空会社は以下の通りです。

  • マレーシア航空
  • アメリカン航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • ブリティッシュエアウェイズ

プライオリティ・パスラウンジ

プライオリティパスはその名の通りプライオリティ社が運営するラウンジでこちらも非常に豪華で知られています。日本国内にプライオリティパスのラウンジは、名古屋にあるセントレア空港のKAL LoungeかStar Alliance Loungeしかありませんが、全世界に900か所以上存在します。

ANAラウンジが、SFC持ちなど特定の条件を要するのと同様、プライオリティパスラウンジもプライオリティパスを持っていないと利用することはできません。

プライオリティパスを手に入れるためには、基本的には、最大399ドル支払って会員になる必要があります。年に数回の利用で約4万円弱というのはなかなか手が出ないですね。しかし、今なら楽天プレミアムカードを作れば年会費10,000円+税でプライオリティパスが無料で付いてきます。

もちろん、国内のゴールドカードで入れるラウンジも問題なく利用できるため、持っておいて損はないですね。申請する際は、海外で使えない可能性はありますが、国内利用ではいろいろと優遇されているJCBで作ることをおすすめします。



さいごに

ラウンジを分類するはずが、調べていたら途中からいろいろなラウンジをネット上で回るのにはまってしまって作業が1時間程度中断してしまいましたorz

今の楽天カードがVISAでJCBに切り替えようかと画策していたところなので、楽天プレミアムカードで年会費1万円でプライオリティパスが持てるのなら作るのもありかなと感じました。



20万マイル

年間20万マイル

-SFC修行, 旅行
-, , , ,