ハピタス ポイントサイト マイレージ

保険って見直ししてますか?保険見直しならハピタス経由で行うと6,000円分ポイント還元されます!

2016/11/17

Pocket

医療保険、生命保険、がん保険などなど。保険っていろいろありますが、定期的に見直しなどはされていますでしょうか。

保険 ANAマイル

保険の見直し

最近では、ショッピングモールやイオンなどに「保険の相談窓口」があり、ファイナンシャルプランナーが自分にあった保険を探してくれるサービスがありますが、実は、そのサービスを利用するだけで6,000円相当のポイントがもらえる方法があります。

ハピタスへ登録

6,000円相当のポイントをもらうにはまず「ハピタス」というポイントサイトに登録する必要があります。

※ハピタスについてはこちら

スポンサーリンク

検索バーで「保険」と検索

登録したら、トップページの検索バーに「保険」と入力して検索してください。すると、いくつか案件が出てきます。今回は試しにこちらを選んでみました。

ハピタス 保険

※赤い枠で囲ったところが「検索バー」です。

青い枠で囲った部分をクリックすると、保険のホームページに飛ぶので、そちらで予約をして、面談を行えば、この案件なら6,000円相当のポイントがもらえます。

一応条件もあるのですが(緑の枠で囲った部分)、この案件の場合、条件は「無料面談終了」だけなので、面談さえ行えばポイントがもらえます。

ハピタスではポイントは500円から交換可能なので、6,000円分のポイントが手に入ればそれだけで交換できます。ちなみに、交換先は多岐にわたっており、Amazonギフト券やiTunesカードに交換することもできますし、WEBMONEYにも交換できます。

ドットマネーギフトコードに交換して、ソラチカカードのメトロポイントを経由すれば、ANAマイルにも交換することができます。

スポンサーリンク

保険って重要です

ここからは余談みたいなものです。

実は、私は「保険の窓口」のようなサービスを使って、今の生命保険に入りました。そのころは、ハピタスの存在も知らなかったので6,000円分のポイントなんてもらえなかったのですが、そのとき思ったのが「専門家の話は聞くもんだな」ということです。

物価上昇がリスク

マイナス金利政策もあり、銀行にお金を預けていてもお金はほとんど増えないですよね。しかし、景気が良くなればインフレを起こす可能性はあります。

そうなると、相対的にお金の価値が下がるので、お金をためておくことがある意味リスクです。そのためにも運用する必要がありますが、なかなか素人には株やFXなんてできるもんじゃないです。

ただ、保険の場合、健康であれば加入できます。

さまざまな生命保険

最近の生命保険っていろいろなものがあって、自分が加入しているものは、死亡したら定額で死亡保険金が出るもの(それが生命保険ですね)で、60歳まで支払えば、そのあとは支払いなしで保険が続くものです。

また、60歳までに払う金額のトータルも死亡保険金の9割程度で、一定の年齢を超えれば、解約するとそれまでに払い込んだ金額以上の金額が戻ってくるものです。また、がんになった場合はそれ以降の支払いは一切なくなり、リビングニーズ特約として、その時点で死亡保険金を受け取ることが出来るタイプの保険だったと思います。

それまでは、職場に回ってきた生保レディあっせんの掛け捨ての保険に入っていたため、非常に損をしていたと気づかされましたね。保険が本当に必要なのは、60以降の定年してからですし、定年後の収入がない時に保険料を支払わなくてもいいように、今入る保険を見直した方がいいとアドバイスされました。

注意

私は保険をあっせんする資格はもっていませんし、あっせんする気は全くありません。保険に加入するしないはその人の自由ですし。ただ、いろいろな選択肢を提示してもらえるので、せっかくだったら保険の見直しとかしてみたらどうかと思い、今回の記事にしてみました。

あくまでも無料相談だけでいいので、保険を乗り換えることを強要されることもありません。自分が乗り換えたほうが得だと思ったら乗り換えたらいいだけです。

保険の知識もついて、6,000円分もポイントがもらえるので一石二鳥ですね。

20万マイル

年間20万マイル

-ハピタス, ポイントサイト, マイレージ
-, ,