ハピタス 豆知識

ハピタスからソラチカルートを使ってANAマイルに変えるまでのポイントの流れを図解で説明!

2016/11/08

Pocket

陸マイラー生活を始めて2ヶ月。11月4日にハピタスで稼いだポイントがANAマイルに変わったので、ハピタスからANAマイルへの交換の流れをまとめておきます。

ソラチカルート

スポンサーリンク

あd

ルートを確認

ハピタスからANAマイルまでのルートを確認しておきます。

ポイ探によると、
ポイントの流れ

となっています。

ハピタス

.money(ドットマネー)

東京メトロ(メトロポイント)

ANAマイル

という流れです。ハピタスからANAマイルへの流れを知りたい方は、それぞれの項目についてはご存知かもしれませんが、念のためサクッとご説明させていただきます。

ハピタスとは?

ハピタスはポイントサイトです。案件の還元率も比較的高く、特にみんなdeポイントという特集に掲載されている案件は、かなりポイントが上がっているので、こなすのにちょうどいいです。

ドットマネーとは?

Amebaなどを運営するサイバーエージェントが管理するポイントサイトです。ハピタスからは直接メトロポイントに移行することはできないため、ドットマネーのポイントに以降してからメトロポイントに交換します。

東京メトロ(メトロポイント)とは?

ソラチカカード(正式名称はANA To Me CARD PASMO JCB)というクレジットカードに紐づくポイントです。ソラチカカードには、クレジットカードの役割とは別に、以下のポイントカードとしての役割もあります。

  • PASMO(電子マネー)
  • ANAマイレージクラブ
  • メトロポイント

メトロポイントとは、東京メトロに定期券以外で乗車した際に付与されるポイントのことです。メトロポイントを貯められるのはソラチカカードだけです。

ブログの記事タイトルにも入れた、「ソラチカルート」というのは、ソラチカカードを介してANAマイルに変換することからこう呼ばれます。

なぜソラチカルートを使うか?

通常、ポイントサイトからANAマイルに交換しようとすると、倍率が0.5倍とかなので、半減してしまいます。しかし、メトロポイントからANAマイルへの交換では、交換倍率が0.9倍なので、稼いだポイントの9割をANAマイルに移行することができます。

スポンサーリンク

あd

交換には何日かかるの?

先ほどのルートの画像を見ると、

ポイントの流れ

合計で125日となっています。しかし、これは半分本当で半分うそです。

交換のタイミング

ポイントの交換には、二種類の反映方法があります。

交換申請時点から数日

ハピタスなどがこれに該当します。ハピタスの場合、ポイント交換を申請してから、反映されるまでに、3営業日が必要になります。

ハピタス 交換 日数

こちらは、ハピタスの公式ページに載っている画像なのですが、月曜日に申請すれば、その日を含めて3営業日なので木曜日には交換が完了します。

締日がある

  • ドットマネーからメトロポイントへの交換
  • メトロポイントからANAマイルへの交換

がこれにあたります。

交換を申請したタイミングで、そこから○○日ということではなく、特定の締日があり、そこまではいつ、何回交換申請しても同じで、締日時点で交換申請が上がっているものを、交換対象とするものです。

11月にハピタスから交換申請をする場合を想定して、簡単な表を作成してみました。

ポイント 流れ

  • メトロポイントへの交換
  • メトロポイントからの交換

これらの締日はどちらも毎月15日です。

そのため、毎月15日までにドットマネーからメトロポイントに交換申請するとともに、前月に申請してメトロポイントになった分をANAマイルにする必要があります。

シミュレーション

それでは、先ほどの表を用いて、11月にハピタスで獲得したポイントをANAマイルに交換する流れをシミュレーションします。

ハピタスからドットマネーへの交換

交換1
ハピタスからドットマネーの交換には、最低3日はかかります。ギリギリを攻めたくはないため、14日にはドットマネーのポイントに変えようと思うと、遅くとも9日には交換申請をする必要があります。

11月

理想としては、11月に入った段階で交換申請をしておけば、4日にはドットマネーになり、すぐさまドットマネーからメトロポイントに交換申請できます。

※ハピタスからドットマネーに交換申請しても、ポイントがそのまま移行されるわけではありません、ドットマネーギフトコードという形で手に入ります。そのまま紐づけたドットマネーの口座にポイントを移行する場合は、指定されたURLから操作するだけでポイントが移行できます。余談ですが、ギフトコードで手に入るので、他人に譲渡することも可能です。例えば、自分のソラチカルートが渋滞している場合に、妻のソラチカカードにポイントを移行させるといったことも可能です。

ドットマネーからメトロポイントへの交換

交換2
ハピタスからドットマネーの交換を9日までに終えていたら、14日にはドットマネーのポイントになっています。そこから、メトロポイントへの交換申請をおこないます。

2016-11-05_19h31_17

メトロポイントへの交換の締日は15日なので、必ず15日までにメトロポイントへの交換申請を行いましょう。1日でも逃すと、18,000ANAマイルが手に入るチャンスが一か月後になってしまいます。

また、ハピタスからドットマネーへの交換は一か月に3万ポイントまでしかできませんでしたが、ドットマネーからメトロポイントの交換に上限はありません。しかし、毎月2万ポイント以上の交換はしなくてもいいです。

理由としては、メトロポイントからANAマイルへの交換が一か月に2万ポイントまでだからです。そのため、大量にメトロポイントに交換したところで、ANAマイルにできるのは月に2万ポイントなので、メトロポイントが大量に余る結果になります。

メトロポイントの期限は3年のため、期限切れを起こすほど入れるには、72万ポイントを超えるため、無駄になる心配は必要ありませんが、メトロポイントにすると、他の選択肢がなくなるため、月に2万ポイント、使う分だけ交換するということで問題ないかと思います。

メトロポイントからANAマイル

2016-11-05_18h34_5944

11月15日までに申請したポイントは、12月11日にメトロポイントに反映されます。

2016-11-05_19h39_05

メトロポイントからANAマイルへの交換の締日も15日なので、12月15日までには交換申請をする必要があります。

メトロポイントからANAマイルへ交換できるんは、一か月に2万ポイントまでです。そのため、年間24万ポイントしか交換できず、ソラチカルートで手に入るANAマイルは年間21万6千マイルになります。

また、12月15日までに申請した分は、1月3日~8日の間には反映されます。

さいごに

メトロポイントからANAマイルへの交換は、猶予期間が4日しかなく、うっかり忘れがちなので、リマインダーなどに登録しておいて、毎月11日になったら交換するよう覚えしておくと安心ですね。

ご覧くださりありがとうございました('ω')ノ

20万マイル

年間20万マイル

-ハピタス, 豆知識
-, , ,