クレジットカード マイレージ 還元率

ANAマイラーに必須の知識!クレジットカードの還元率についておさらい

2016/09/27

Pocket

空を飛ばないANA陸マイラーにとって、ANAマイルを貯める最も身近な手段がクレジットカード決済ですね。ベテランANAマイラーには当たり前の知識ですが、初心者には混同しがちなクレジットカードの還元率についてまとめてみました。

%

還元率とは?

クレジットカードを使用すると、決済額に応じてポイントがつきます。そのポイントを現金に換算した時、決済額に対していくら分のポイントがもらえたか?で還元率は計算します。

楽天カード

楽天カードマンのCMで有名な楽天カードですが、こちらの還元率は1%となっています。それは、100円決済ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントがもらえ、この楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として利用することができるので、100円につき1円のポイントなので1/100*100=1%となるわけです。

スポンサーリンク

あd

ソラチカカード

ANAマイルを貯めるには必須のクレジットカードですが、こちらの還元率の計算はちょっと毛色が変わってきます。
※ソラチカカードについてはこちら

単純に還元率というと、ポイントを現金換算した際の率となるのですが、ソラチカカードを利用する場合、マイルを貯めるのが目的であり、ポイントをマイル換算した場合の還元率はマイル還元率と表しています。

還元率と一言で言っても、分母に持ってくる数字によって意味合いがいろいろと変わります。

さて、ソラチカカードの還元率ですが、1,000円決済で1 OkiDokiポイントがつきます。OkiDokiポイントはさまざまなものに変えることができますが、率で言えばnanacoポイントが一番高く、1 OkiDokiポイント=6 nanacoポイントになるため、単純に還元率で言うと0.6%となります。

しかし、マイル還元率の場合10マイルコースで申し込んでおけば、1 OkiDokiポイント= 10ANAマイルに変わるため、マイル還元率は1%となります。※10マイルコースの場合、年間で5,000円+税がかかります。

補足

マイル還元率、還元率といろいろ言い方があると記載しましたが、ソラチカの例で言えば単純に還元率も1%といってしまっていいかもしれません。還元率のもともとの意味は決済金額に対する得られたポイントが現金いくら分なのか?なのですから。

ただ、基本的にはマイル還元率の方が、その他電子マネーなどに変えるよりも率が悪い傾向があるため、マイルに変えるとしたら還元率は○○%という意味合いでマイル還元率と記載することが多いです。

スポンサーリンク

あd

還元率を上げる方法

基本的に今までは、クレジットカードで得たポイントを、クレジットカード会社のホームページで電子マネーやANAマイルに移行する際の還元率の話をしました。しかし、ポイントサイトを経由することで、ポイントを増やすこともできるクレジットカードもあります。

エクストリームカード

(株)ジャックスの発行するクレジットカードでエクストリームカードというものがあります。エクストリームカードはポイントは1,000円利用につき10ポイント貯まります。このまま現金化してしまうと還元率は1%ですが、G-Pointというポイントサイトにポイントを移行できるんですね。

さらに、移行のレートが1.5倍なので、還元率も1.5%になります。G-PointはANAマイルに変換する場合、ソラチカカードのメトロポイントに変換すれば、0.9倍でANAマイルに移行することができるため、マイル還元率は1.35%となります。

本来は年会費が3000円+税かかるところですが、年間50万円以上の決済で年会費が無料になるため、ソラチカカードと組み合わせて持てば年会費2,000円+税でマイル還元率1.35%という高倍率のクレジットカードを保有することができます。

ブログ村

Twitterやってます(^^)/

基本的に毎日更新しています!フォローしていただけると更新に気づきやすくなるかと思います<(_ _)>

「マイレージ」バナーをクリックしてもらえるとモチベーション上がります!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ いつも応援ありがとうございます!


-クレジットカード, マイレージ, 還元率
-, , ,