クレジットカード 豆知識

イオンをよく利用するならイオンカードセレクトを発行しておいたほうがいい3つの理由

2016/11/05

Pocket

イオンカードにはいくつか種類がありますが、個人的におススメなのが「イオンカードセレクト」です。今回はおすすめ理由を3つほどご紹介。

2016-11-02_17h33_13

スポンサーリンク

あd

WAONチャージでポイントが貯まる

イオンカードはいくつかありますが、WAONへのチャージでWAONポイントが貯まるのはイオンカードセレクトだけです。

WAONチャージ時点で200円につき1ポイント、WAONを使ったときに200円につき1ポイントで、トータル還元率は1.0%になります。

  • WAONチャージ:0.5%
  • WAON使用:0.5%
  • 合計還元率:1.0%

還元率1.0%であれば、還元率のもっと高いクレジットカードも存在します。しかし、イオン系列にはクレジットカードは使えないけれど、WAONなら使えるという店舗が存在するため、そちらで支払いを行うのであれば、最高還元率のクレジットカードとなります。

イオン銀行ポイントクラブ併用でさらにポイントアップ

イオン銀行には、過去6か月間のWAON、イオンカードの使用額に応じて、ステージが設定されます。

ステージなし ステージ1 ステージ2 ステージ3
条件半年利用額 10万円 30万円 50万円
WAONプレゼント率(5の付く日) 1.5 2 3
振込手数料還元 月1回 月3回 月5回
利用に応じて還元 25WAON 50WAON 100WAON

※利用に応じて還元とは、

  • 定期預金:月末時点の残高100万円以上
  • 投資信託:月末時点の投資信託残高時価評価額100万円以上
  • 住宅ローン:月末時点の残高あり
  • 無担保ローン:月末時点の残高10万円以上
  • 公的年金:お受取実績あり

仮に、ステージ3の人が、5の付く日に10,000円のオートチャージをしたら、0.5%×3=1.5%になります。

なので、この時点での還元率は1.5+0.5=2.0%。

2.0%の時点で優秀ですが、さらに還元率を上げる方法があります。

ありが10デーの活用

さらにさらに!ご存知かと思いますが、「ありが10デー」というものも存在します。

5倍

ありが10デーとは、毎月10日の対象店舗にて、電子マネーWAONのお支払い200円(税込)ごとに、電子マネーWAONポイントが5倍になるサービスです。

なので、0.5×5=2.5%になり、チャージでの1.5%と合わせると、4.0%の還元率になります。

普通預金の金利が0.12%になる

イオンカードセレクトに申し込むと、同時にイオン銀行口座も開設することになるのですが、イオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行の普通預金金利に+0.1%されます。

今のイオン銀行の普通預金金利が0.02%なので、0.12%になるというわけです。

金利

イオン銀行の定期預金金利が0.10%なので、定期預金よりも普通預金の金利の方が大きいという逆転現象が起きてしまいます。

年会費無料のゴールドカードへのステップ

イオンゴールドカード
イオンカードセレクトを使い続けると、イオンゴールドカードのインビテーションが届きます。

インビテーションの条件

  • 年間カード利用金額が100万円以上
  • カード入会からのカード利用金額累計が500万円以上
  • 年間のカード利用件数が120件以上、かつ利用金額80万円以上
  • イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上
  • イオン銀行の住宅ローンを利用
  • 定期預金残高が500万円以上
  • 投資信託残高が100万円以上
  • 個人年金保険を契約

狙いやすいところでは、

  • 年間カード利用金額が100万円以上
  • イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上

この2つでしょうか。

クレジットカード番号は変わる?

VISAの場合は変わります。JCB、MASTERの場合は変わりません。

なので、公共料金などの引き落としにVISAのイオンカードセレクトを設定されている場合は、手続きをしておかないと引き落とし不可で最悪の場合、クレジットヒストリーに傷がつく(俗にいうブラックリストに載る)状態になります。

また、国際ブランドの選びなおしはできず、そのまま引き継ぎとなります。

イオンカードセレクトを申し込む際は、この辺りも考慮したいものです。ちなみに私は、VISAが好きなのでVISAにしました。

券面デザイン

券面のデザインは通常版とJCB限定のディズニー柄の二種類が用意されています。

ディズニーデザイン イオンカード

これが、ゴールドカードになった場合ですが、券面のデザインの選びなおしはできないようになっています。
選びなおし

ゴールドの利点

ゴールドカードの利点についてです。イオンゴールドカードは年会費無料です。年会費無料でゴールドカードを持てるだけでなんだか得をした気分ですが、気分以外の利点もちゃんとあります。

海外旅行傷害保険附帯

海外旅行に行かれる場合、旅行代理店などでは保険に加入することをオススメされますが、実はそれと同等の補償をクレジットカードを持っているだけで得ることができます。

イオンゴールドカードの場合、カードご利用の有無にかかわらず、一回のご旅行につき最長30日まで補償されるので、旅行代金を一切イオンゴールドカードを使って払っていなくても保険適用になるということです。

補償内容

傷害による死亡・後遺障害 傷害による治療費用 疾病による治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
3,000万円 200万円 100万円 3,000万円 30万円 100万円

国内旅行傷害保険附帯

イオンゴールドカードには海外旅行だけでなく、国内旅行でも保険が効きます。ただし、国内旅行の場合は、旅行代金の一部をイオンゴールドカードで支払っていることが条件です。

公式HPに、「イオンゴールドカードにて、その旅行や宿泊施設の代金をお支払いいただくことが前提となります。」とあるため、パック旅行の場合はその代金、じゃらんなどの場合は、その宿泊代金をイオンゴールドカードで支払うことが条件となります。

補償内容

傷害による死亡・後遺障害 傷害による入院(最高180日分) 傷害による通院(最高90日分)
3,000万円 日額5,000円 日額3,000円

ショッピングセーフティ保険

さらに、旅行だけでなく、普段の買い物の商品の損害まで補償してくれます。

イオンゴールドカードでお買い物された商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償いたします。
※ 宝石貴金属や自動車・自動二輪・自転車など補償の対象とならない商品や、紛失事故など補償できない場合がございます。商品購入時の「お客さま控」がない場合は、補償をいたしかねることもございます。

ということなので、イオンゴールドカードでの支払いは必須です。

イオンゴールドカードのいいところは、一般的なゴールドカードにもショッピングセーフティ保険(名前は違ったりしますが)は附帯しているものもあるのですが、自己責任額として3,000円ほど自己負担額が発生するのが普通です。

しかし、イオンゴールドカードなら完全に無料です。

ただし、イオンゴールドカードを使用して購入したものなので、イオンゴールドカードでチャージしたWAONで購入した場合は対象外となる点に注意です。

イオンラウンジ

イオンラウンジが無料で使えます。しかも、同伴者は3名まで可能です。

イオンラウンジとは?
イオンラウンジではお買い物の合間にごゆっくりとおくつろぎいただくために、イオンゴールドカード会員さまをはじめ、特別な会員さまに限定したサービスをご用意いたしております。また、全国のイオンラウンジがご利用できますので、ご旅行やお引っ越しされた際にもぜひお立ち寄りください。

イオンラウンジでは、無料で試供品のドリンクを飲めるほか、雑誌などを読むことができます。混雑している場合、利用を制限されることもありますが、買い物につかれた時に休憩するのにはいいですね。

羽田空港ラウンジ

羽田空港第一旅客ターミナル内と羽田空港第二旅客ターミナル内のそれぞれ3か所ずつのラウンジを利用することができます。

ただし、羽田空港ラウンジ限定です。ほかの空港のラウンジは使用できません。

さいごに

かなり条件は限られますが、意識して使えば、還元率4.0%を実現できるイオンカードセレクトは、普段からWAONを使う人なら持っていて損ではないクレジットカードです。



-クレジットカード, 豆知識
-